アイルトン・セナ:文化現象としてのアスレティック・フェノム

ayrton senna

“Senna” by StuSeeger is licensed under CC BY 2.0

en flag
fr-CA flag
zh flag
fi flag
fr flag
de flag
hu flag
it flag
ja flag
pt flag
ru flag

有名なニヤニヤの後ろの男、アイルトン・セナは、複雑で育成された人間であり、謙虚で寛大な精神のために記憶されています。また、すべての時間の中で最高のF1ドライバーの一人として、3つの世界ドライバーズ選手権(1988年、1990年、1991年)を獲得し、他のブラジルのドライバーよりも多くの。

しかし、何よりも、彼のレース中、アイルトンはショーマンだった-彼は勝つことを望んでいたし、彼は人々に彼が勝つことを見て欲しかった。彼はスポーツに芸術性をもたらし、彼の魅力的なペルソナで一般の人々のためにそれをより面白くしました。そして彼はトラックから離れてF1のための優れたアンバサダーでした。

ブリリアンス・オブ・セナ

ある意味では、アイルトン・セナの輝きを説明するのは比較的簡単です。彼の悲劇的に短いキャリアの中で、彼はF1ドライバーズ選手権を3度優勝した。多くのドライバーがやってみることしかできない偉業だ。しかし、そのような偉大さは輝きではありません。

セナは彼の人生のあらゆる分野で卓越性の象徴であるため、アーティストアスリートとして重要です。彼は競馬場だけでなく、個人的な生活でもチャンピオンでした。彼は謙虚さ、情熱、忠誠心、決意、神への愛のために記憶されています。

セナのF1での成功は、生来の能力とドライブを組み合わせたものでした。彼はそれが重要になったときに自分自身を再発明するための信じられないほどのコツを持っていた, ゲームの前に滞在するために.子供の頃でも、彼は16歳になる前にゴーカートレースをしていました。

Instagramでこの投稿を見るアイルトン・セナ (@oficialayrtonsenna) が共有した投稿

彼は状況を読んで、いつ圧力をかけるか、いつ緩和すべきかを知っていたマスターでした。そして彼が圧力をかけたとき、セナは壊滅的な効果でそれをやった。

彼は攻撃的な大胆さと微妙なフィネスのユニークな組み合わせを持っていました。セナの精度とテクニックはとても壮観でした。彼の反射神経はほとんど非人間的でした。彼は足のタッチでマクラーレンのダンスを作ることができる人でした。そして、セナは、レースを読んで、遠くから全体像を見るために、前自然的な能力を持っていました。

ライバルは、アスリートで最高と最悪を引き出します。

セナとプロストはどちらも素晴らしいドライバーでしたが、お互いに非常に異なっていました。プロストは技術者の方でしたが、セナはもっと芸術家でした。プロストは技術的で細心の注意を払った。セナより本能的で反応的。

そして突然、意識的に車を運転しなくなったことに気づいた。私は一種の本能でそれを運転していた、私は別の次元にいた。アイルトン・セナ

それらの間に摩擦を引き起こしたのは一つだけではありませんでした。それはセナのドライブが最高になること、プロストの自然な競争力、すべてのレースで互いに激しい競争にあったという事実など、物事の組み合わせでした。

プロストは、セナがマクラーレンに入社する前、4年連続でチャンピオンでした。彼が到着したとき、それは彼がプロストを降ろす使命を持って来たようだった。

ロータスを残す

1988年のシーズンのために、ロータスはフォードV6ターボエンジンを開発し、勝利とタイトルを競う力を与えました。ロータス99Tは今年最高のシャシーになると予想され、セナが少なくとも1つのタイトルを提供することを期待していました。しかし、プロストはルノー駆動車がストレートで非常に速いので、彼のより良いを得ました。

そしてアイルトンはシーズン終了時にロータスとの契約満了を更新しようとしなかった。彼はロータスと新しい取引に署名したかもしれませんが、マクラーレンは彼に多くのお金と勝利の機会を提供していました。もちろん、特定のホンダエンジンも契約の一部だったことは言うまでもありません。

F1およびそれ以降へのセナの影響

だから、1994年にサンマリノグランプリでセナの急死、34歳でモーターレース界を驚かせた。しかし、それはブラジルを荒廃させた。

彼のキャリアが離陸し始めると、セナは謙虚なままだった。彼は自分のルーツを忘れることはなく、彼は他の何よりも彼の人たちのことを気遣った。ブラジルが大きな貧困と不安に苦しんでいたとき、彼の才能とコミットメントは光のビーコンでした。

アイルトン・セナは幾分特権的な状況で成長したにもかかわらず、彼の同胞の多くが直面している苦難を認識しました。彼は子供とその未来を最も心配していた。彼の家族はアイルトンの情熱を採用し、彼の死後、アイルトン・セナ研究所を設立しました。この研究所は、彼の財産からの資金で1,200万人以上のブラジル人の子供たちを教育するのに役立っています。

今日、多くのドライバーは今でもアイルトン・セナのお気に入りのドライバーと考えている。マイケル・シューマッハは一世代後の彼のロールモデルとしてセナを引き立て続けている。シューマッハがレース勝利でセナを結んだことを知ったとき、彼は感情に打ち勝った。これは典型的なストイックなドイツ人にとっては珍しいことだ。

彼の死時に彼がまだ彼のキャリアのプライムにあったことは事実ですが、彼の遺産は史上最高のドライバーの一つであることは間違いありません。彼はF1におけるドライバーの安全基準を打ち出し、今日私たちが知っているスポーツへの進化における重要な人物でした。

Leave a Reply
Previous Post
proprioception

A Kinesthetic Sense of Proprioception

Next Post
bonking

Why Bonking Feels like “Hitting the Wall”

Related Posts
Total
35
Share